きなりで中性脂肪値に効果あり!嬉しいです

「健康診断で中性脂肪がひっかかった…でも食べることが大好きだから食事制限なんてできない!!」
なんて悩んでいませんか?

 

食事は、私たちが日々元気よく活動するためにとても大切なエネルギー源です。日々元気で過ごすためには栄養バランスの整った十分な食事を摂る必要がありますが、ついつい油の乗ったお肉や甘いお菓子など高カロリーなものを食べてしまったり、仕事や友達の付き合いで遅くまで飲み食いしてしまうこともありますよね。

 

中性脂肪が高い人はそれだけ肥満の確率も高くなります。さらに高脂血症や高血糖、高血圧を患っている可能性も高まるだけでなく、最悪の場合、脳梗塞心筋梗塞といった病気にもなってしまう恐れがあるのです。

 

自分では日々注意しているつもりの人でも、健康診断でお医者さんに中性脂肪の数値が高いと指摘されたり、最近太って体重が増えてきてきたときは要注意です。でも私のように食べることが何より好き!という人にとって食事制限ほどつらいものはありません…。やっぱりある程度の量は食べたいんですよね。

 

こんな時に中性脂肪を下げる効果を期待できるサプリメントがきなりです。きなりは魚に含まれるDHA・EPAは(オメガ3脂肪酸)が元となってできています。

 

それなら、サプリメントではなく、魚を食べればいいじゃない?と思うかもしれませんが、毎日魚ばかり食べるのは大変だし、魚が苦手な人もいるでしょう。それにDHAやEPAを適切な量を効果的に摂取するのって意外と大変なのです。ですのでサプリメントを食事を補う目的で使うことはとても効率的です。きなりはいろいろなサプリメントの中で、DHA・EPAを必要な量を効果的に摂取できるサプリメントとして高評価を得ています。

 

きなり

きなり

DHA・EPAとは?

そもそもDHA・EPAとは何でしょう?ご存じのない方のために簡単にご説明しますね。

 

DHAドコサヘキサエン酸EPAエイコサペンタエン酸といい、これらはオメガ3脂肪酸と呼ばれる必須脂肪酸です。必須脂肪酸とは、私たちが生命を維持するうえで欠かすことのできない成分であり、WHOが健康増進のために摂取を推奨しています。その中で、最も注目されているのが中性脂肪を下げる効果です。

 

しかしDHAやEPAといった必須脂肪酸は体内で作ることが出来ないため、食べ物から摂取する必要があるのです。DHA・EPAが豊富に含む食品として、イワシ、サワラ、サバ、マグロなどがあります。とくに青魚には100g当たりのDHA・EPAの含有量が断トツに含まれています。

 

しかし、、オメガ3脂肪酸は酸化しやすく、熱に弱い性質があります。そして厚生労働省ではDHA・EPAの1日の目安摂取量は1000mgと推奨されています。その量は青魚の刺身で5切れほど、焼き魚なら中くらいの大きさの青魚一尾が目安となります。しかし食事の欧米化、魚離れが深刻となっている今、これだけの量を青魚だけから摂取するのは難しいでしょう。

 

当然、毎日魚を食べようと意識していても非常に難しいことだと思います。そこでサプリメント利用するというのも1つの改善策になるのではないでしょうか。

なぜきなりは中性脂肪値を下げるのか

DHA・EPAはきなりの主成分であり、血流中にある中性脂肪を合成する酵素の働きを弱くする役割をしています。さらに中性脂肪を増やすアラキドン酸の活性化も抑えます。

 

その結果、内臓脂肪を減らし、心筋梗塞や動脈硬化のなどの心血管系の病気を予防する事が出来るのです。このことから青魚に含まれるDHA・EPAは健康増進において摂取が必要不可欠であることがよくわかると思います。

 

きなりのDHA・EPAは含有量と質が他と比べて優れており、より新鮮な状態で体に届いてくれます。サプリメントというと安全性を心配される方もいるかとおもいますが、自然由来の成分でできており、DHA・EPAを含む食品は特定保健用食品(通称トクホ)としての表示が許可されています。

中性脂肪のサプリの中できなりを選ぶ理由

中性脂肪に効果が期待出来るサプリメントは様々なものが販売されています。その中できなりは評判が高く、その理由として次のことがあげられます。

DHA・EPAの容量が多い。

私たちが健康を維持する上で欠かせない存在と言えるDHA・EPAですが、実際にどの世代も厚生労働省が推奨する1000mgを下回っており必要量を摂取できていないのが現状です。
サプリメントで補おうとしても他社のDHA・EPAのサプリは300mg程度のものが多いため、買う前にはチェックすべき項目です。

 

ところがきなりは4粒で500mgの量を摂取することができます。それはなんとマグロのお刺身5人前に相当する量です。厚生労働省が推奨する目安摂取量の半分がたった4粒で補給できることになるので、効率良く摂取することができますね。

高い吸収率と抗酸化力

DHA・EPAの容量がただ多いだけでは意味がなく、栄養分をいかに吸収されるかということも大切です。DHAやEPAは酸化しやすいという問題がありました。その解決策としてきなりが用いたのはクリルオイルです。

 

クリルオイルとは南極に生息するオキアミから抽出された油の一種で他の魚と違って水と馴染みやすく、細胞膜に近い構造をもつため体内に吸収されやすいという特徴があります。

 

また、クリルオイルに含まれるアスタキサンチンはエビやカニなどの甲殻類などに含まれるカロテノイド系色素の1つで、強力な抗酸化力をもっています。それによってDHA・EPAの酸化を抑えフレッシュな状態で体に届けることが可能にしています。

魚臭くない

サプリメントは飲みやすさも気になるところですね。ところがDHA・EPAサプリには特有の魚臭さがあります。成分のほとんが魚油由来から抽出されたものなのでDHA・EPAサプリにはどうしても魚臭さがついてしまうようです。

 

魚が苦手なひとやあまりにも臭いが駄目で飲むのを諦めた人もいると聞きます。

 

しかし、きなりはオレンジ風の香りで魚臭さはほとんどなく飲みやすいよう特殊製法され飲みやすくされています。いくら健康のためとはいえ、毎回魚臭さを我慢して飲むのはきついですがオレンジ風の香りなら続けられますね。

品質と安全管理の体制が徹底している

サプリメントを買うとき、どんな工場でどうやって作られているかを知ることも大切です。きなりは国内のGMP取得工場で製造されています。

 

GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略語で、厚生労働大臣が定めた医薬品等の品質管理基準を指します。日本語で適正製造規範と訳され、製品がすべての過程において安全に作られ一定の品質が保たれるように定められたものです。

 

きなりの原料となるマグロやカツオは日本海・太平洋・インド洋から捕られ、水銀・ダイオキシン・放射性物質の影響がない安全な原料を厳守しています。原料から製造過程まで徹底して管理されていることがわかれば安心ですね。

血流改善成分で血液サラサラ

きなりはDHA・EPAの他にも納豆のネバネバする部分に含まれている酵素、ナットウキナーゼを配合しています。

 

納豆は昔から日本で食べられてきた日本食文化の代表と言って良いでしょう。そんな納豆は世界中から注目を浴びているのです。

 

納豆の材料となる大豆にはアミノ酸や大豆イソフラボン、大豆サポニン、ビタミン、ミネラルなどを含み、納豆菌によってビタミンB群、ビタミンK2、そしてナットウキナーゼなどのタンパク質やビタミンがプラスされています。

 

ナットウキナーゼには、血管の壁にできる血栓を取り除き、血流をサラサラにする働きがあるからです。また、腸内環境を整えたり、カルシウムの吸収を促進して骨粗鬆症を予防したり、抗菌、抗酸化など多くの健康効果が期待できます。

きなりをお得に購入する方法は?

きなりを毎日摂取するとなると出来るだけ安くお得に買いたいですよね。

 

きなりをどこで一番安く買えるのかを調べてみました。楽天、アマゾンでも取り扱っていますが、販売価格を調べてみると、さくらの森社の公式通販サイトが一番安く購入することができます。

 

公式サイトが一番安い理由として、間に様々な業者が入ることで商品単価が高くなってしまうことがあげられます。そこで自社の通販サイトで販売することで、余分な費用がかからず最安値で購入していただけるのです。

 

きなりは1ヶ月分、通常価格5,980円ですが公式通販サイトでは今、初回購入分が67%OFFの1,980円で購入できます。さらに、2回目以降も毎月33%OFFの3,980円で購入できるのです。

 

さらに、もし効果を感じられない場合は、15日以内であれば全額返金保証もついていますので中性脂肪でお悩みの方は気軽に試してみてはいかがでしょうか。

 

きなり

 

きなりは、中性脂肪の他にこんな症状にも

きなりサプリメントは中性脂肪以外にこんな症状に効果が期待できます。
※ただし、他の病気である可能性もあるため病院の検査も受けましょう。

 

気分が憂鬱である

毎日気分が憂鬱でなにをするにもおっくうでやる気がでなかったり、本来の自分の力が出せなくなっていると感じていませんか?ひどい時は仕事に行きたくなくなったり、辞めたいと思うことも。

 

頭がぼんやりする

うっかりともの忘れをしたり、頭がボンヤリとして的外れな発言をしてしまう時がある。
また集中力がなく物事が長く続かないなど。

 

疲れがとれない

十分な睡眠をとっているにも関わらず、朝起きたとき体がだるく疲れがとれていなかったり、昼間眠気に襲われる。

 

肌の老化を感じる

肌のハリがなくなった。年齢より顔が老けてみられる。

 

現代社会では上記のような悩みを持たれている人が多いようです。その原因は、ストレスや食生活の乱れによる栄養不足など様々な事が考えられます。

 

仕事が忙しくストレスの多い人、外食が多い人、また自炊でも野菜や魚をあまり食べず食生活がみだれがちになっている人、お酒を毎日飲みタバコも吸っている人、睡眠不足の人。もし、これらに当てはまる場合は生活習慣を見直しつつ、きなりで栄養を補うことで改善するかもしれません。

中性脂肪とは?

中性脂肪とは、人体を動かすエネルギー源となる物質で、別名「トリグリセリド(トリアシルグリセロール またはトリグリセライド)」と呼ばれています。

 

健康診断の検査結果では「TG」の記号で表示されるので、健康診断を受けたこのある方は目にしたことがあるでしょう。中性脂肪の標準値は年齢や性別によってちがいますが、だいたい39〜149mg/dlとされています。
この中性脂肪が高いとはどのような状態を指すのでしょう。

 

私たちが日々食べている食物から取得された脂質は、小腸から吸収されて血液中に入りエネルギーとなります。このエネルギーは体内の生命維持活動に使われるのですが、使い切れず余った分は中性脂肪として蓄えられます。
「食べ過ぎて最近お腹回りに贅肉贅肉が…、」なんて経験されてる方、この皮下脂肪が中性脂肪なのです。

 

こう言うとあまり良い印象ではありませんが、中性脂肪は万が一に備えられ生きていくために必要な体のエネルギー源となっていますので、中性脂肪=悪者というわけではありません。

 

しかし、血液中の中性脂肪が必要以上に体内に入ってしまうと、皮下脂肪だけでなく肝臓や血液中に蓄積され「脂質異常症」という状態になり、肥満や脂肪肝、全身の血管が硬くなる動脈硬化が進む原因となります。

 

このような状態が緩和されず長い間つづいてしまうと肝硬変や心筋梗塞といった心疾患や脳梗塞のような脳血管障害へと進展してしまいます。

中性脂肪が高くなる原因

中性脂肪が高いと指摘された場合、6つの原因があります。それは過食、アルコール、運動不足、遺伝的体質、喫煙、ストレスです。

 

過食

中性脂肪は食べ物から摂取される脂質によって合成されます。適切な食事量と間隔であれば、食後3〜4時間血液中の数値が上昇し続けた後、酵素の働きで分解され元の数値に戻ります。

 

しかし、過食や食事の間隔が短くなると、長時間高い状態が続き中性脂肪が高いままの数値になってしまいます。

 

アルコール

アルコールは肝臓で分解と代謝が行われた後排出されます。肝臓で分解と代謝をしている際に中性脂肪は合成され、その後24時間かけて脂肪は各器官に運ばれます。

 

しかし、毎日お酒を飲み続けることで肝臓は常にフル活動することになります。その結果、中性脂肪の処理が追い付かず溜まってしまう事になります

 

運動不足

運動不足になると筋肉が衰え新陳代謝を下げ、その結果、老廃物が体外に排出されにくい状態になります。老廃物はそのまま残ること中性脂肪が付きやすくなります。

 

運動と言っても激しい運動をする必要はなく、ウォーキングなどの軽い運動を毎日続けることが大切です。

 

遺伝的体質

生活習慣だけでなく遺伝的体質が原因になることもあります。遺伝的体質とは、その人が生まれ持った性質であり、例えば体内のコレステロールがうまくコントロール出来ず機能しなかったり、脂質の代謝に先天的異常があったり、脂質を分解し細胞に取り入れる働きをもつ酵素がうまく機能しないことによって、血液中に脂肪分が溜まってしまうこともあります。

 

喫煙

内臓脂肪の数値はメタボリックシンドロームの診断基準となります。そして内臓脂肪のほとんどが中性脂肪であり、喫煙は内臓脂肪の元となる中性脂肪を増やす働きがあります。

 

ストレス

ストレスはホルモンバランスを崩し、その影響で中性脂肪が必要もなく体中をめぐってしまうことがあります。それによって肝臓が再び脂肪を合成するという悪循環を引き起こすことになるのです。またストレスはアルコールの摂取を促しやすく、相乗効果となって数値が高くなります。

 

以上のように中性脂肪が高くなる原因には遺伝的体質を除き、普段の生活から起こる物であることがわかります。また、1つのだけでなく複数の要因が重なることもあり、これらを一つ一つなくしていくことで、中性脂肪を改善させることが出来るでしょう。

 

きなり